インストラクター紹介

久保原信司(リベルダージ:Liberdade)

 
【メッセージ】
“子どもはみんな世界遺産”という某出版社のキャッチコピーに心から共感します。

子供たちの教育にカポエイラを通じて貢献したいというのがライフワークです。



1995年サンパウロ大学に研修留学中、サンパウロのカポエイラの先駆者メストリ・ブラジリアに師事しカポエイラを始める。
96年に一時帰国。デカセギ・ブラジル人のカポエイリスタ達を集め、中部地方を中心にさまざまなイベントに出演してカポエイラをアピール。
97年4月に再びブラジルに渡り、カポエイラの練習、研究に打ち込む。
99年12月に帰国し、名古屋でカポエイラ・ヴァジアソンを結成。
ブラジル滞在中はサンパウロの邦字新聞社、帰国後はブラジル領事館、ポルトガル語新聞社などに勤める傍らカポエイラの普及に努める。
2006年以降はカポエイラ指導のほか、ポルトガル語教育にも従事。2014年現在、大学の非常勤講師やブラジル駐在員の事前研修などを請け負う。
カポエイラの総合情報サイト「カポエイラ入門」「ビリンバウ入門」の制作・管理人、「カポエイラ・ショップ ビリンバウ」の運営人。
3児の父

【主な業績】




瀧藤千恵美(カンナ:Kanna)

 
【メッセージ】
 笑顔の堪えないカポエイラをしていけるように、楽しく練習していきましょう!

愛知県一宮市出身
子供のころブラジルのミナス・ジェライス州ベロリゾンチ市に住んでいたのと、大学時代アマゾナス州のマナウス市に住んでいたことからブラジル文化にはまる。
サンパウロに旅行したとき、友人のカポエイラのレッスンについていって衝撃を受け、自分も習い始める。
99年3月、サンパウロでカポエイラ修行中の久保原と出会い、ヴァジアソン立ち上げから活動に参加。
本当の専門はアマゾンのダンス「ボイ・ブンバ(Boi-Bumbá)」



染矢丈(サグィン:Saguim)

 
【メッセージ】
分かりやすさをモットーに教えています。

皆さんとカポエイラの奥深さを探求できたらと思います



石川県金沢市出身。
中高生のときに読んだ漫画や遊んだゲームでカポエイラの存在を知る。当時はほかの格闘技や武術に比べて変な動きの多い格闘技という程度にしか思っていなかった。
2006年、仕事で名古屋に引越し。定期的な運動をしたいと同僚に相談したところ、「どうせやるならマニアックなのをやったら?カポエイラとか」という返事が返ってきたので始める。
あとで「本当に始めるとは思わなかった」といわれたのは内緒。
現在は相手との駆け引きの中で以下に遊べるか(変な動きができるか)を模索中。